×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「井の頭」の四季2                                                                江戸と座敷鷹TOP  江戸大名公卿TOP

 
03/05.18(日) 13:30頃
丸井の横の七井橋通りから階段を下りると公園となる。ここから50bほど
歩くと写真の七井橋なのだが、この間左側へ曲がると野外ステージへ辿り
着く。

 下左右写真とも野外ステージ周辺で撮った。左写真のデュオはなかなか
聴かせてくれた。背景に「原爆展」の看板が見える。紐に被災者の写真コピ
ーを吊るし、「峠三吉の詩」を掲げていた。下右は「顔面紙芝居」で自作の
「龍神峠」という出し物を演じていた。親子連れ40人ほどが真面目に観てい
た。興味のある方は5/24.25.31のそれぞれ13:00〜と14:10〜の2回上演す
るようであるから観られるとよい、近い人はだが。TVでも最近紹介されたらし
い。

 公園内には400人くらいが散在しているように思われた。あらゆる年代層が
いる。幼稚園前の子連れ家族が多いわけではない。80歳前後の年寄りでも
歩くスピードは早い。そうそう「西日暮里五丁目町会」の幟を先頭にした年寄
り集団がいたが、歩くのが早かった早かった。幟と言えば公園内にある飲食
店の店先に「タイラーメン」と「桜コロッケ」の幟が立っていた。どんな味かは
知らぬが店内は満席に近いように見えた。フリーマーケットではないが、路
面で売る人が多い。アクセサリー、ポストカード、石に描いた絵、古着などな
ど結構いる。

 ボートに乗っている人、水彩を描いている人、寝ころがっている人、寿司を
くっている人、ホール投げをやっている人、シャボン玉を吹いている人、蛇味
線を弾いている人・・・みんな勝手気ままに寛いでいる。井の頭公園は大き
な居間のようだ。さしずめ七井池は巨大な居間の真ん中にある囲炉裏かも
しれない。今日は浅草から吉祥寺へ回り少々疲れたが、快い疲労感と言え
なくもない。
 


   

<<前   次>>